全国中小零細企業商談会-守成クラブ飯田について

HOME > 全国中小零細企業商談会-守成クラブ飯田について

守成クラブ飯田について

中小零細企業の異業種商談会。入会資格を「法人の代表者かそれに準ずる方」とした完全紹介制の商談会(月1回の例会開催)です。飯田をはじめ、全国に100を超える会場があります。今から10年前に北海道の札幌で誕生しました。

入会制限について

守成クラブは今から10年以上前に北海道の札幌で誕生した中小零細企業の異業種商談会です。

全国の100ヵ所以上に会場があり、飯田をはじめ全国各地で商談会が開催されています。長野県には飯田会場だけでなく、長野会場、信州松本会場、諏訪湖会場などがあります。

守成クラブ飯田は1年で150社以上の入会があり、毎月、ビジネスの交流、商談がおこなわれています。

守成クラブには「法人の代表者かそれに準ずる方」という入会制限があります。これにより、常に会社のトップクラスの人間が直接商談をすることができます。

また、信頼おけるパートナーが集う場所として「紹介制」を設けていますので、安心してビジネスをおこなうことが可能です。

「一人はみんなのために、みんなは一人のため」という守成クラブの理念のもと、会員である経営者がゲストを紹介することを目標としています。経営者同士が互いに協力し合うことで、会全体のビジネスチャンスを広げてゆきます。さらには、全国の会場にチャンスを求めて参加することも可能です。

厳しい環境下、会社を守るのは経営者自らの行動力です。守成クラブは、懇親会でもボランティア団体でもありません。現在の長引く不況に対して、政治も行政も誰も私たちの会社を助けてくれるわけではありません。そんな状況の中、かけがいのない自分の会社を、家族を、社員を守るため経営者が自ら行動をし、ビジネスを広げる。そしてそんな前向きな経営者同士が互いに協力し合いビジネス・商談をするステージが守成クラブです。


※守成クラブ飯田の規約はPDFにて配布させていただいております
守成クラブ飯田規約

守成クラブ飯田の例会運営について

守成クラブの例会は会員自らが開催しています。すべての会員の皆様がいずれかに所属する6チームのうち、担当チーム(2チーム)が例会を開催します。年2回、当番が回ってきます。当月当番のチームは司会進行などを、次月当番のチームは受付を担当します。

当番チームは例会前に「チーム会」を開催し、出席率向上やゲストの増員、当日の進行確認など、事前準備をお願いいたします。他会場では「チーム会」を通じて、チーム内の会員さん同士の交流も生まれる(商売につながる)というお話も伺っておりますので、ぜひ積極的に活動してください。

各チームにはチームリーダーなど世話人の会員さんが所属しており、まずはその方々を中心に運営をおこなっていただきます。チームの世話人の方からご案内をさせていただきますのでご自身の所属するチームや運営の方法などを必ずご確認ください。ご協力をお願いいたします。

守成クラブは自分たちの商売繁盛のための自主的な集まりとして、自分たちで例会を運営しております。皆様のご協力で意義ある例会を開催しましょう。

例会運営チーム図


例会当日は名刺を100枚以上ご持参ください。

守成クラブ飯田は、前向きな経営者同士がお互いに協力し合い、ビジネス・商談をするステージです。現在、飯田会場には150社以上の企業が登録しています。

毎月1回の商談会で自社PR。テーブル商談会、ブース出展など。

商談会には名刺100枚以上をご持参ください。

商談懇親会(飲食)代を含みます。
※例会参加費用です。

初めての方・入会のご案内

まずはゲストとしてご参加ください

  1. 入会希望の方、様子をご覧になりたい方は、ゲスト(体験)参加ができます。必ず紹介者(正会員または準会員)の推薦が必要となります。※お近くに紹介者がいらっしゃらない場合は、守成クラブ飯田事務局にご連絡ください。
  2. ゲスト参加後にご入会いただきますと、守成クラブ準会員となります。その際、準会員を示す緑バッチが貸与されます。
  3. 準会員としてゲストをお誘いし、そのゲストが入会されますと正会員となります(1社以上)。赤バッジが貸与されます。
  4. 正会員は展示ブースや自社PRが可能となり、また全国の商談会にも参加できます。

ひとつ前に戻る